ライフハックとカフェ

進歩するための極意、ヒントと具体例を綴る。 他のライフハックブログより抽象的に書いている。理論化を試みているのが本ブログの強み。具体例だけのライフハックとは異なる。 たまにカフェについての話題も。

極意:能力を習得したいなら何周もするべし

 ある能力を習得したいなら,その能力に必要な事柄を一通り,大まかに,確認することが先決だ。これが一周目。習得したい能力の俯瞰図を脳内に作成するイメージ。意識的に行わなくても脳が自動でやってくれる。

 そして次が二周目。一周目よりある程度丁寧に行う。

 三,四周目以降どんどん丁寧にして行く。

 このような発想は次のような勉強法及び仕事術の書籍に載っている。有名かもしれない。

 上記のように何周もすることは能力習得の上で大変効果的だ。しかしそのときに忘れてはならないのが,数周した後に,部分的最適化を行うことだ。能力のある一部分を徹底的にマスターすること。その一部分を少ない労力と時間で行えるようにする。抽象的に表現するなら,浅く広くの後に深く狭くへ移行する。

 習得したい能力を,自分で基準を考えて分割する。このときに俯瞰が必要。一周目,二周目が俯瞰への準備。次に分割したそれぞれを最適化する。分割については以下の書籍がヒントになる。

 

 

グレインサイズの高め方

グレインサイズの高め方

 

 

 それが完了すると習得したかった能力は,以前に比べて習得が容易になっている。それは,能力全体をある程度まとまった単位の結合として捉える事が可能となったからだ。この状態で習得するまで何周もする。

 このような手法は様々な能力開発において暗黙に用いられている。


 例えばボイストレーニング
https://www.youtube.com/channel/UCQ07ZfXUOCmtPMq
 例えば自動車の運転技術。筆者はギアチェンジだけをハリボテマシンで猛練習したのだが,その後教習が格段に楽になった。

 この過程全体を終えるには,それぞれの段階でいくつかのコツがある。
 それについてはこのblogで今後触れるであろう。
 
 以上に述べたようなことは基本的に思える。しかしながら,基本中の基本であるこのことを実践せずに,いっこうに能力習得が進まない人間を頻繁に見る。非常にもったいない。